カテゴリー別アーカイブ: 緊急便

兵庫県稲美町から山口県岩国市まで緊急便

赤帽仲間からのご依頼で岩国市まで緊急配送。

出発は夜10:00頃になりました。

稲美町から岩国市までざっと350kmなので約5時間。納品時間は翌朝9:00なので余裕はあります。

いったん自宅に戻ってシャワーでも浴びてさっぱりしてからという選択肢もありましたが今回はそのまま出発することを選びました。

ぼくが「魔の時間」とひとりで呼んでいる時間があります。am3:00からam5:00なのですがとにかく眠い。暴力的な睡魔が襲ってきます。

おおげさに書きましたがその時間を避けるほうが何かとはかどるんです。

そんなこんなで22:00稲美町発で無事に翌3:00に岩国市着。最寄りインターチェンジの手前のSAにて仮眠。2時間眠ったところで目が覚めたので高速を降りることにしました。

目的地を確認後、近くの路肩が広くなったところで1時間仮眠。目が覚めたところで目的地のすぐ前にあるコンビニに移動して、サンドイッチ食べたり、iPhoneでメールやブログをチェックしたり、カーナビについてるワンセグで朝ドラをみたりして午前9時に無事納品完了しました。

加古川市から豊田市へ緊急便

愛知県豊田市まで緊急配送のご依頼をいただきました。

豊田市と言えば世界のトヨタの本社所在地です。ちなみにトヨタ自動車本社の住所は豊田市トヨタ町1番地だそうです。たいしたものですね。

赤帽サンバーでおなじみ富士重工業の自動車部門SUBARUの本拠地はスバル町1番地です。

今回はトヨタ自動車本社への納品ではありませんでしたが数百メートルしか離れていない会社に小さな部品を納品したので関連したものだろうと思われます。

正直に言いますと大企業の本社ともなると入門手続きが面倒もとい慎重に行われることが多いので(当たり前ですね)手間がかかるかなと思っていたのですがそうではなかったので安心しました。

一度くらいは世界のトヨタの本社に入ってみたかった気持ちもありましたが。

朝一納品のご指定を受けていましたので念のため早めに豊田市内に到着しましたが案外通勤ラッシュらしきものも感じずすんなり納品させていただくことができました。

秋晴れのすばらしい天気で帰りの伊勢湾岸道も快適でした。

加西市から丹波市までの配送

加西市から丹波市氷上町まで建材関係の配送でした。

丹波市というのは旧氷上郡のことです。

あまり行く機会がないところはなかなか市町村合併後の地名が脳内変換できなくて未だに困ります。

ウィキペディアによると丹波市というのは氷上町、柏原町、青垣町、春日町、山南町、市島町の旧氷上郡の6町が合併してできた市らしいです。

「たんばささやま」という呼び名を昔から耳にすることが多かったので篠山市と丹波市が個人的にごちゃ混ぜになりがちです。

どちらにしろ頼りになる相棒サンヨーゴリラ君がたいていのところに連れて行ってくれるわけですが。

加西市からは1時間あまりの道のりで納品はつつがなく終えることができました。

なぜか目的地の近くで猿をみました。あのあたりでは里まで下りてくることがよくあるのでしょうか。